まめはなダイアリー

上京9年目女の雑記です。

【宅建】自己採点で不合格の予感。「これからどうしたらいい?」に答えます!【2回目合格の私が教えます】

こんにちは、まめはなです。

 

令和2年度宅建士試験を受験されたみなさん。

この度は試験おつかれさまでした。

試験を終え、まずはほっとされていることと思います。

 

一方で、

予備校から発表されている解答速報予想合格点を確認し、

「落ちてしまっているかもしれない…」

と不安にかられている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

今回はそんな不安にかられているあなたの

「これからどうしたらいい?」

にお答えします。

この記事を読んでいただいて、不安が少しでも解消できれば幸いです。

 

【目次】

試験結果はいつ出るのか?

令和2年度試験の結果は

2020年12月2日(水)9:30

に発表される予定です。

(一財)不動産適正取引推進機構

のHPから確認しましょう!

【HP】

https://www.retio.or.jp/exam/takken_shiken.html#topic4

 

また、合格者には簡易書留で合格証書が送られます。(不合格者には通知なし)

昨年私が合格したときは、結果発表日の翌々日くらいに届いたと記憶しています。

結果発表日に届かなくても、必ずしも不合格とは限らないので安心してください。

 

結果は不合格…翌年の試験は受ける?受けない?

12月2日の結果発表。

ここで、残念ながら「不合格」だったと判明した場合です。

 

「会社から宅建を取るように言われている」

という方の場合は、翌年も受験するという選択肢を選ぶことになるかと思いますが、それ以外の方は来年にも受験するか悩まれると思います。

 

そんな方へ、わたしのオススメは「来年も試験に挑戦すること」です。

人によって事情があるので、無理には勧められませんが、余力があるのならぜひ再挑戦してほしいです!

 

再受験をオススメする理由

今年の学習が活かせる

一番大きな理由はこれです。

来年再受験するとなったときにも、今年の受験に向けた学習は必ず活きてきます。

多少の法改正はありますが、出題箇所は今年と来年でそう変わりません。

 

今年の試験経験が活かせる

本試験というのは、特別な経験です。

 

 

「翌年の試験にも挑戦する」と決めたらやるべきこと

 

 

 

【まとめ】これまでの勉強は無駄じゃない!